So-net無料ブログ作成
検索選択

巨峰とその皮の話 [家庭内外行事]

image-20131019090142.png

実家から届いた巨峰!今年は甘くて最高です。ポタリと落ちる果汁さえも惜しいと思うくらいです。人間に甘味を分け与えるためにその生が有るのならなんて充足しているのでしょう。皮を触っただけで果汁がはちきれるように思えて一粒一粒が愛おしい…。

ところで、家人は皮が大好き。やっと実も食べられるようになったと言います。我儘を言わない大人になりました。お弁当にも身を絞りだして皮だけ入れると喜びます。私は未だに慣れずにこれでいいのか?気を使ってるんじゃないのかと思って、たまに皮付きの実をお弁当に入れるのですが、実のまま入っているとガッカリするそうです。私が実を食べたあと、皮だけ取って置いて渡すと「取っておいてくれたんだぁ。ありがとう[ぴかぴか(新しい)]」と喜びます。マジです。

ある日、私は皮を剥いた巨峰が目の前に並んでいるというお嬢様のような食卓を思い描くだけで嬉しくなって「私がいない時は皮だけ食べておいていいからね。」と言いました。お嬢様に使える給仕のように準備させるなんて失礼かしらと思いつつ言ったのですが、返事は「え?本当にいいの????[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]」と思いもかけず弾んだ声で喜びに満ちたもの。彼女にとって、実だけ残すことは失礼なことと認識されていたようです!
言ってみるものですねぇ[ぴかぴか(新しい)]

この世の生物は棲み分けが出来ていて、例えばパンダは誰も食べない笹を、コアラは毒性のあるユーカリを食糧として選んで無用な争いを避け、種として生きながらえています。反して人間はグローバルで統一された価値観が奪い合いを産んでいるように思っています。

だからこそ、巨峰が届くと、誰が無理するわけでもなく無駄がない我が家の状態に生物の棲み分けのこの上もない理想のカタチを見出して、私はすこぶる満足です。

しかし、まだ私の目の前に皮を剥いた巨峰の実が並んだことはなく…その贅沢はお預けのままです。
たぶん、面倒くさいだけでなく、彼女にとって、ものだけでなく[好みのものが差し出されること自体]に意味があるのでしょう。そうそう、この世の恵まれているはずの人々の欲求にそんなところもあるのではないかと推測をしてみたりします。

そして、私もお嬢様気分を味わいたい…。今でも脳裏に、皮が剥かれて表面に甘い果汁をジュルジュルとほとばしらせた巨峰の実の並ぶ姿がちらちらと…

欲は全く果てず、人間は複雑です。

image-20131019090459.png
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 2

りあむ

皮ごと食べられるブドウはありますけど、
皮だけ食べる人がおられるとは。(^.^)
実家で巨峰が出ると早いもの勝ちでなくなってしまいます。
by りあむ (2013-10-21 22:55) 

あゆこ

りあむさん^ ^
皮だけ食べる娘は、私もまた一人しか出会っていません(笑)
あのあと、巨峰の実の山が置いてありました。半房分です。幸せです。早い者勝ち…。幾つづつか決めないとケンカになりそうですね。大人といえども(笑)
by あゆこ (2013-10-22 23:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。