So-net無料ブログ作成
検索選択

小石川植物園めぐり [自然]

image-20160512225531.png

突然ですが、一眼レフを使うことになりました。きっかけは自治体の広報、4月オンリーのデジカメ講座。肝心のデジカメは?iPhoneでいいかなーと不埒に申し込んだのですが…さすがにそれはと直前に思い立ち職場の生物担当(卒論はカメムシ)の粋な方♡にお声がけしたところ、一眼レフを譲り受けることに!ということでカメラに助けられての講座受講。蓋を開けたらステップアップ講座、なのに露出ってなんですか?どこで調整するんですか?え?1.0アンダー?何その呪文…というレベルの私。前途多難で始まりましたが、かなりまきますが三回の撮影会を経てのコンテストでは最優秀賞をいただいたついでに弟子認定も?ということで、五月も撮影会の見学もさせていただくことになりました。オリンパスE5君のおかげです!

デジカメ講座~蝶や昆虫の撮影がテーマになり、フラッシュやシャッタースピードについて黒柳昌樹先生に説明して頂きましたが、フラッシュは強制発光にしても付かないし、クマバチの動きは速すぎるし、水を飲みにきたクロアゲハがその場で長時間止まっているという好条件でさえもシャッタースピード上げすぎて真っ黒だし全然ダメ。写真は加工。諦めて、その池にいたカエルを撮りました。これは大きくて背に線がないし、耳孔が小さいのでウシガエルのメスかな。
先生によるテクニックの説明はここのページがわかりやすくてよかった!
http://ssp-japan.net/ssp/howto/vol/vol_03/003-kuroyanagi/003-kuroyanagi.htm
栗林慧さんみたいのも撮れるのかなぁ?オリンパスE-M1ですか。蜘蛛学会所属の親父(アカボシゴマダラの幼虫の同定も即答…)は未だフィルムのオールドレンズで重いからと持たない様子なので、瞬発力があって高機能なカメラをプレゼントしたい!と思いましたが…うーん。自分でも魚眼レンズが欲しくなっちゃう。暇あり貧乏がまんがまん。

解散後はシダ園に寄ったり、交配しちゃうんじゃないかくらい、ありとあらゆる種類をかき集めた植物畑に、半端ないくらいもりもりした巨木に圧倒され、とにかく広くてやっぱり迷いつつも、日本庭園のゼキショウを撮ってから、元の道へ。そしたら、対性を持つ葉っぱの大きさの傾向を趣味で調査しているというおじ様がいて、しばしお話。重い方の葉の方がホルモンが集中して大きいはずなのにこの木は違って、と何やら専門的。
http://blogs.yahoo.co.jp/ashikawapapyrus/14198087.html
いろんな方がいろんな楽しみを求めてくるところみたいでした。面白かったです。お誘い感謝感謝(*˘︶˘*).。.:*!


image-20160513081807.png
お世話になりました!

image-20160513092137.png
入口手前にもムラサキツユクサが群生。入手で四苦八苦していたので抜きたい気持ちをぐっと我慢

image-20160513092422.png
クロアゲハ  加工しないと無理!保護色ずるい。

image-20160513092626.png
ずっと羽根を開ききらずに給水

image-20160513092940.png
ウシガエル  去年バラバラにしたので丸ごとは少し愛おしいものの、ダルマガエルの方がかわいい

image-20160513093116.png
トウヤホシテントウ  私のマクロはiPhone5…えっ?って言われ

iphone/image-20160513093727.png

抜粋して、ハコネシダ

image-20160513093957.png
マネープランツ
買いたいものが増えてます 南無南無

image-20160513094300.png
なーにこれ???

image-20160513095821.png
オオニワゼキショウ 女子向けの撮影

image-20160513100425.png
いい感じでもりもり

image-20160513100515.png

image-20160513100611.png

image-20160513100651.png
落ち着くわぁ。
分類標本園をしっかりみていなかったり、とまだまだ奥が深そうなので、また来てみようと思います(*˘︶˘*).。.:*



熊本の地と地震列島日本 [自然]

熊本で大変なことに[台風] 避難生活が救助がより円滑になりますように。誘発が怖いからほんと自衛隊は海外に行ってる場合じゃないわ。

・昨夜は『ブラタモリ』#35 水の国熊本を鑑賞。熊本は水を含んだ何層もの火砕流層で出来てるから水に恵まれているらしい。川にある鼻ぐり井手とやらも、川に灰が溜まらないように工夫したものなんだとか。水利を知らない役人がこんなすごい鼻ぐり井手をボコボコ壊しちゃってるらしいのが皮肉。

image-20160416093303.png
↓ネタバレ感謝
http://s.ameblo.jp/aauasks/entry-12140775426.html

・《真田丸》の時代は地形と地盤を制したものが勝利する時代。熊本を整備した加藤清正のその眼の高さに唸るばかり!ドラマでは自由奔放だけど。

ブラタモリ#34『熊本城』は“やりすぎ城”も観ておこう!石垣も脆い熔結凝灰岩の地盤に耐えられる積み方らしい。
↓ここ写真も素晴らしい!
http://castle.link-hp.net/15.html

image-20160416095118.png


image-20160416093403.png

・中学理科で【自然の恵みと災害】を学ぶのは中3ラスト。教科書改訂するならここを丁寧に学ばせるところにしましょ!と主張してみます。恵みを恵みにできる生活スタイルも望まれるのかな。

・地球科学者に言わせると日本は【長尺の根】がベース。『火山の日本を生きのびる知恵』 鎌田浩毅さんのお話では「一瞬ね、一瞬しのげば後は100年、1000年恵みを享受できるわけですね。つまりこれを地球科学では【短い災害と長い恵み】っていってるんだけど。」
被害被害だけでなく、こういう深く練られた視点も見直していきたいところです。
http://anyuko.blog.so-net.ne.jp/2012-10-07



・『日本に迫る脅威地震列島』4/3NHKスペシャル
要約:「巨大地震によって変形したマントルがスライムみたいに元に戻ろうとしている」から?と新たな仮説を立てないとわからない現象が起こってるらしい。例えば、三陸では意外な隆起で港が海面より高くなっちゃっている。
マントルの粘弾性によって大地が今までとは違う歪み方をしているんだとか。

それから、中国地方の地震深度含めたマップをGPSで三次元的にみると…認識されていた断層とはまた別の地下で、『面』で地震が発生している。ここから「プレートや岩盤が裂けている」と考えられるらしい。そして、その考えに基づくと、あらゆる場所がバキバキに裂けているらしい。また、南海トラフを始め一定周期毎に満期になると思われていた巨大地震が、日向灘地震の誘発によって群発していく可能性も。うーむ。
http://www6.nhk.or.jp/special/sp/detail/index.html?aid=20160403
ネタバレブログ感謝↓
http://s.ameblo.jp/skyblue-junior/entry-12146748935.html

image-20160416095302.png

私たちの足元には何があるんだろう。
もう一度考えてみようと思った。

誰かに灰から土に変えてもらったのにコンクリートで埋め込んで生きている私たち。

地下奥深くにはエネルギーが溜まっている。



板橋区立熱帯植物園 [自然]

板橋区立熱帯植物園に初詣した時の覚書。区立で環境保全事業をされている心意気、しかと感じてきました。

ミニ水族館ではちょうど餌やり、飼育員さんの解説を聞きながら観れるというスペシャルタイムに。さかな君のかぶりもので有名なハコフグ君、ちっちゃなエビに大喜びた赤虫に牽制しながら水をかけるテッポウウオにと飽きません。
植物ともに東南アジアの生態系が観察できる工夫が凝らされています。愛着が湧いたところで、もし熱帯雨林がなかったら?という問いも。ちょこっと熱帯に行って気持ちもホカホカでした。
image-20160206130411.png

エコポリスセンターにも荒川の上流から下流の魚の展示にうなぎさん。産卵地を発見された教授の講演もあったのねー。養殖でおっとりしていますが一年でこんなに大きくなったんです、とスタッフさんも愛情たっぷり。あゝ、画像が見つからない。また見に行こうっと。


土ってなんだろう?ー2015国際土壌年記念ーモノリス巡回展 [自然]

2015は国際土壌年!
土ってどうやってできるの?ふかふかの土って?関東の火山灰からできた足元に広がる土の正体は…?ということで、小金井の東京農工大の土壌展に行ってきました。
image-20150710103017.png
火山灰の降り積もる荒地から植物が育んだ黒い“土”が1cmできるのに約100年もかかっていたんですね。私たちの足の下に広がる地層をキャンパスにしたモノリスはかなり迫力。こんな上の方が平安時代のもの?

image-20150710103111.png image-20150710103131.png
はるか地下の関東ローム層は火山灰が積もったときは寒冷地だったので茶色のままなんですね。
火山灰が積もったばかりの場所や、河原も土がありません。
image-20150710103505.png
何が土の原料になるかで土の性質も異なってくるようです。
image-20150710103625.png
そして今やスプーン一杯の土には数億から数十億の微生物がいる。
土を舞台にして、CO2や窒素やら無機物を植物が循環の営みを、有機物の分解者として菌や生物達が循環のドラマを、綿々と作り上げている様はまさにSymphony (^-^)




image-20150710103540.png



image-20150710103653.png



image-20150710103716.png


土は隙間がある方がふかふか豊かだなんて社会も一緒なのかもね。日本の原点w

image-20150710103740.png
ダンゴムシの巨体模型も楽しい。

写真はうまく撮れなかったのですが、この模型は15000種の模型とともにモノリスと一緒にスカイツリーの大昆虫展で展示されるはずです。

土の息吹がずぃーんと伝わってきました!

Symphony of the Soil Trailer

*スキマがあることの豊かさ。
生産者と分解者とエネルギーの固定の分野って中3の最後の章なので疎か。なんと高校生物では受験に出ないからと流しちゃったりしてるんですね。これぞ、日本の豊かさ。日本人の精神性やらの原点は循環の営みのはずなんだけどなーと心の中でごちてみたり。
すぐに役立つことじゃなくって、こういう自然の意味と向き合える出会いって[教育は市民的成熟を果たすための支援]という教育の第一理念にとっても大切なことなんじゃないかなー。
『植生と遷移』高校生物講座 http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/seibutsukiso/archive/chapter032.html
チラシより

土ってなんだろうー2015国際土壌年記念ーモノリス巡回展

スプーン一杯の土の中に、どれだけの生き物がいるでしょうか? そこには微生物(目には見えない、とても小さな生き物)が数億から数十億。他にもさまざまな生き物がたくさんいます。そんな土はいったいどのようにできるのでしょうか?

2014 年9 月に御おん嶽たけ山さんが噴ふん火か をおこしました。その噴火により火山灰が降ふり積つもった場所は、土が“ない”状態で、生き物もいません。そこから長い時間をかけて、土が“できる”のです。

ではどのくらいの時間がたてば、土になるのでしょうか。土が1 ㎝できるのに100 年とも言われます。長い時間をかけてできる土ですが、その土が私たちが食べる作物を含む植物を育て、ひいては動物を育むのです。地味だけどすごい土の不思議や力を感じて、土ってなんだろう? の答えを一つでもみつけてほしいと願っています。


蜂の巣をめぐるあれこれと [自然]

猛暑ですね。じりじりと脳細胞が死滅していきそうなので、ここらへんで頭の体操がてら文章を書くことにします。ネタは蜂の巣をめぐる私のお友だちEさんの話しです。全然涼しくないネタですみません。

image-20140726231442.png
これは、Eさんがもらったスズメバチの巣です。材料にする木によって巣の色が違うって教えてもらった!と上機嫌で持ち帰って行きました。これでおしまいかと思ったんですが、しばらく経って探究心溢れる彼女は言いました。「蜂の巣ってどこかにないかしら?子どもが欲しいって言い出して…」

こんな話の途中で言い出しました。「私の子どもったら蟻を踏まないか心配で心配で下を見ないと歩けなくなってるの。」深刻なんだかよくわからない別のお友だちHさんの話の途中です。どうフォローしたらいいのかわからない故だったんでしょうか?蜂は蟻の仲間だから思いついたんだそうです。

蟻は置いておいて蜂の巣といえば、別の友だちKさんから庭のアロエに巣ができてしまってどうしようという情報を得たばかり(笑)私はEさんに鼻を膨らませて「じゃあ友だちに聞いてみるよ。」と言って揚々とKさんにメールしてみました。

その後、夜の仕事の帰り道…
Kさんから「捨てようと思っていたところよ。薬でベタベタなんだけどよかったらもらってね。」と返信が。早く処分したいらしい。そりゃそうだよね。明日、Eさんに取りに行ってもらうってことでいい? 明日旅行だわ…。旅行から帰るまでうちに置くのはちょっとなぁ、とKさんがいうので、押しかけましたよ。夜の10時半(笑)当然長話をしてからEさんちにメール。11時過ぎに「今から行くから。」
超迷惑(笑)〜

うちに戻るより直行した方が早いとか、うちに持ち帰って手元に置いておくがイヤとか、夜の涼しいうちに移動したいやら、の思わくも確かにありましたけど。早い方が喜ぶかな?と思って…はい、言い訳です(笑)。こんな夜中に。。。そしたら、当のお子さんも「蜂の巣もらえるの?楽しみだなぁ!」とわくわくしながら眠りについたとの話。いつも気を使ってくれるんです。運んだ甲斐がありました。しかも、Kさんからの「ごめんね、死んだ蜂まで付いてて気持ち悪いかも。」との伝言を伝えたところ「え?うちの子、今日、蜂の標本の観察出来なくて残念がってたところ[黒ハート]」とタイムリーなことも仰る。お子さんの反応が楽しみねーとまたまた、長話をして長い一日を終えました。

かたや片付けたい、かたや欲しいという方同士のマッチングを叶え、上機嫌で眠りにつきました。よかったよかった。

そして、翌朝Eさんからメールが。

うちの子…

固まってた。

朝にはこーんな立派な標本に仕立ててあったのですが…リアル過ぎたようです。爆。


image-20140727000653.png

[製作工程]食器洗い用洗剤スプレーで薬剤を流す→ニススプレー→蜂を貼り付ける→ニススプレー→針金で固定→シリカゲル→ビンに入れる。
…こんな友だちがいて、楽しい[黒ハート]


こちらは標本前(Kさん提供)[新月]?[新月]?ハチ…
image-20140727002801.png

image-20140727001343.png
お口直しに…この画像。Eさんはビー玉を加熱クラックさせてこんなアクセサリーにもしてくれる、おしゃれさんです、とも付け加えておきましょう。(ブログアップは本人承認済みです。)

我が家の写真もアップしておきます。
image-20140727001540.png
紫陽花に潜むカエル

image-20140727001704.png
秋に剪定したら、株が大きくなって花が小さくなった紫陽花
(今年の画像は上、下の画像は昨年の株)

image-20140727001827.png
部屋の中…  おしかけカエル君

シブイロカヤキリ(訂正)とチャミノガ、そしてダルマガエル [自然]

一昨日、チケットの入金をしようとファミリーマートまでぶらぶら歩いたわけですよ。チケットは、吉祥寺のバウスシアター閉館にともなうイベント爆音映画祭の一環で、アイスランドのアーティスト、シガーロスのliveDVD『inni』の上映会でして、一回申し込んだのに入金のタイミングがわかっていなくてうっかり無効にしてしまったので、こりゃまた忘れたらあほですがな、ポールのキャンセルは残念ねぇ、でもこちらはDVDだから絶対キャンセルはないわけで、着替える手間を惜しんでいる場合じゃないわとばかりに、自分に気合いを入れて出かけて、頭のなかをシガーロスにして歩いていたらですねぇ、ジーーーーーと虫の声がノイズを加えてきて、頭のなかのシガーロスに妙なエフェクトをかけてくるので、なんとなく楽しくなったわけなんですが、その声が妙に近いわけですよ。もしかして、その正体が見破れるチャンスなのでは???と更に楽しくなってきて、目を凝らして見たならば、居るじゃないですか!普通、葉っぱに隠れていて保護色になっていて夜だし、発見なんて無理無理、お兄さん、なはずなんですが、みつかったんですよ。それもまた、白いポールの上に乗っているというオンザステージ(笑)撮って欲しいんでしょ、撮ってあげますとも。まぁ、勝手に虫の思わくを想像したんですけどね。

image-20140520204415.png

触覚を上下させながら鳴き続けているんですねぇ。よくも長々鳴けますねぇ、羽根を動かすわけだから息継ぎをしてるわけじゃないのはわかるんですけど、まるで何かの機械音のようでこれで求愛なのか、虫のハートのツボはよくわからないわけですが、とにかく求愛の成功を祈りますわ。


翌朝はチャミノガ大量発生中の詳細報告の希望をうけましてですねぇ(笑)録画してみました。蓑虫と言えば絶滅の危機らしいんですが、住まうところさえあればいいんでしょうね。ここに居ますよぅ。動いてますよ。蓑虫なのに。
まるで、ヤドカリですよー。

image-20140520204258.png

指で落とそうと画策してもですねぇ、糸を使うんですよ。上腕のみで移動していて全身を使って移動しているわけじゃないので、工夫しているんですかねぇ。たいしたもんです。

もう、見慣れたんですけど、こんなに活発に移動する蓑虫は今年初めてみた時はどっきりびっくりで、正直呆然ともしましたよ。当たり前だけど世の中知らないことがいっぱいあるわけでこんな身近でも発見できたりするんですねぇ。とまぁ、管理されてるだけが豊かじゃないんだわーなぁんて思いつつ、今朝は今朝でですねぇ、布団で寝ていたら蚊が居るんですよ。こりゃ睡蓮鉢の水のせいか?さっそく水をはらわなきゃ、なんて眠い目をこすりながら、やおら起き出してばちゃーんと睡蓮鉢を傾けたらですね、居たんですよ。お尻と脚を見ましたよ。ヤツです、ダルマガエル君です。ここで、過ごしていたんかーい。可愛いヤツですよ。今朝の画像はないので、去年のを貼り付けてしまいましょう。
動画も貼っちゃえ。
今日は田んぼに水が入ってカエルがおもむろに鳴き始めて季節を感じていますよー。
自然があるっていいもんですねぇ。


※ジーと鳴く虫の正体はクビキリギスに訂正。更にクビキリギスではなくて、シブイロカヤキリだというご指摘が!なるほど、クビキリギスと比較して後ろ足が違うんですね。しかも、希少?  謹んで訂正します。
hirokouさん、ご指摘ありがとうございました!



乳頭温泉のブナ林と角館の武家屋敷 [自然]

乳頭温泉、休暇村裏のブナ林。多様な生態系を育む美しい場所でした!
image-20131019083311.png

しかし原生林ではなくて植林したから細いんだとか。戦争で使用するため伐採したらしいです。相変わらず戦争ってやつは勿体無いことをし続けるもんなんですねぇ。
image-20131019082915.png

魚を保護する事業も展開中!
長年育んでも破壊ってあっという間。
話は逸れますが、米軍の潜水艦のソナー音やら爆音の影響で鯨もイルカもばたばた死んでいるそうですね。やれやれ。

image-20131019083414.png

秋田名物ババヘラアイス
image-20131019083714.png

また、みそたんぽ
image-20131019083813.png

そして角館の武家屋敷
image-20131019083909.png

いい写真がない!!!
もう一言で言うと、秋来たら春来たくなる。春来たら秋に来たくなる。そんなキャッチコピーがすんなり頭に入ってくるようなところです!

遅いお昼は、手打ち蕎麦『さくら』にて、あきたこまちをねりこんだというもちもちしたこまちそば。なかなか味わい深い。そして[みず]という山菜がみずみずしい!
image-20131019084405.png

シュウカイドウが咲いていました。
image-20131019084534.png

夕飯はオムライスで有名な『ボンフィール』にて、フワトロです。
image-20131019084750.png

お土産のヒットはカントリーマアムのずんだ味!となまはげクッキー。
image-20131019084859.png
image-20131019085300.png

帰りはスーパーこまちにしました。
image-20131019085020.png

秋田では在来線を使用するために幅が狭いスーパーこまち。秋田以外の新幹線ホームの幅に合わせるために…ステップが上がります。
image-20131019085238.png

帰りは名残惜しい気持ちと一緒で少し曇り空でした。
image-20131019085412.png

また行きたい!今度は紅葉めがけて行こうかしら???


あきたにしました [自然]

あきたにしました

というJRのキャンペーンではないのですが、稔りの秋を目でも味わってきました。

9/27は快晴 11時22分発
秋の東北は始めて。東北自体もうん年前の山形と仙台くらいなのですが、ただの移動のつもりでいたらとんでもない。こまちの車窓からして違う!近所にも田んぼはあるのですがスケールが違います。
快晴の澄み渡る青い空の下、稲穂がまさに黄金に輝いています。まぶしい!

image-20131001064129.png

image-20131001064157.png

大曲到着。ツレのいる場所まで徒歩移動中、久々にまだ色づかない黄緑のナツメ発見。小学生時代、食べて怒られたなぁ(笑)東京では全くみません。

image-20131001065738.png

手書きの地図ももらっていたのですがGoogleナビを頼ったらあぜ道を案内されて…。クスクス面白がりながら、キャリーバックを持ち上げながら道を進みました。ちょっと重い^_^;

そして、翌朝はサイクリング!
今日も鳥海山が見えるほどの快晴。
小道を渡って
image-20131001070155.png
大通りに出ると
こんな風景。
image-20131001070403.png
イオンにてイーグルス優勝セール。
勇ましいイーグルスの曲が流れています。
image-20131001070442.png

さて、次はドライブ。
image-20131001070820.png
道の駅にて、みそたんぽ。このボリュームで300円は安い!美味しい!
image-20131001070849.png

田沢湖到着
image-20131001071001.png
神社にて空は鱗
image-20131001071100.png
岩場からみた水面も
image-20131001071206.png
なんという透明度。
売店で餌を買って撒くおじさまがいたので魚が寄ってきています。
日清戦争による電源確保の国策で、玉川の強酸性水導入によりクニマスを含む生物は絶滅…>_<… 子どもが放流した強いハヤ(小骨が多くて食べられない)がいるだけだとか。
クニマスといえば、さかな君の活躍が記憶に新しいですがつながってませんでした!
里帰り計画の遂行、祈ってます。

image-20131001071941.png

空と山とみずうみの青。稲穂の黄金、道のグレー。

image-20131001072014.png

アルパこまくさから。来るつもりはなかったのですが[るるぶ]に休暇村の住所がここで…。そのおかげでこんな風景に出会えてラッキー(^O^)/

image-20131001072059.png

そして乳頭温泉郷、鶴の湯へ

image-20131001072326.png

到着三時で宿泊客以外の入浴は三時まで^_^;
また来るぞ〜!

次はぶな林編

またしてもダルマガエル [自然]

台風の大雨前の14日、かなり蒸し暑くなってました。カエルに会えるのはいつも暑い日。もしやと思ってのぞくといました!

何処にのっているのかわかりませんが、しばらく動かないまま、写真を撮らせてくれてました。少し奥の枝にカエルがよじ登っていました。あとになって写真で発見。睡蓮鉢の青浮草のせいで全てが緑です。
image-20130918135628.png

動画を貼るのを忘れていました!
http://youtu.be/AHQ7Cyp8oeM  2014/05/18添付

そして、台風一過の16日6時の空のもよう。

image-20130918151805.png


image-20130918151822.png


image-20130918151841.png

庭〜七月中旬〜 [自然]

七月初旬
image-20130812064857.png

ジャスミンの花がきれい。相変わらず今ひとつ有効利用できていません。

image-20130812065148.png
ギボウシの花が初めて咲きました!

image-20130812065237.png
みそはぎの花も咲きました。
庭に咲くと、道中に咲いてる花がなんだかわかっていい感じ
[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]


image-20130812065559.png
睡蓮鉢の睡蓮の葉にかえるが乗っていい感じ。


image-20130812065740.png
植えた落花生にも花が咲きました。
花の近くにも、なにかいる…。

かえるでした。

image-20130812065902.png
ミントでぼさぼさなので有効利用。

image-20130812070015.png
7/30 きゅうりも順調です。

image-20130812070058.png
順調です。

ん?
image-20130812070204.png
なにかいる…。

ぼちゃん…

あぁ、睡蓮鉢に近づくたびに、ぼちゃんと音がしてたけど。

またのぞくと…
image-20130812070426.png
いた。遠くから連写(手動)

image-20130812070614.png

image-20130812070641.png
でろーん、としてます。逃げません。
朝からの暑さにのびてるのかしら?

image-20130812070845.png
この日、友だちにロンガンとランブータンとカスタードアップルを届けてもらったのですが、彼女から我が家で八年前に見たダルマガエルが忘れられないと最近聞いたばかり。ノウリニキザマレテイマスというメールだったのでトラウマに近そうですσ^_^;
image-20130812071309.png
これは八年前の写真

image-20130812071346.png
あまりのタイムリーさに、思わずお礼にこんなメッセージを作りましたが送りませんよ^^;

image-20130812071640.png
話は逸れますが、ランブータンというとランゴリアース(スティーブン・キング原作のドラマ)を思い出してしまって…。ランまで一緒でしょ?その歯をみて、NHKスペシャルの深海特集でのゴブリンシャークを思い出していたら、ETVで似たような…フランシス・ベーコンの絵の歯が特徴的でコラージュ。中二病みたい(笑)な自分を面白がってたりします。

で、庭に戻ると、八月になってからの睡蓮鉢。
image-20130812072753.png
睡蓮の葉がやられてます。

image-20130812073049.png
↑去年、布袋葵がかえるの糞まみれになりましたが今年は睡蓮が虫に食われて↑↑こんなです。自然は景観を保とうなんて気遣いなし!容赦ありません。

メロンの皮を置いても、去年はカブトムシが三匹来ましたが今年は茶色いものでした。首を上下に美味しそうに食べていて可愛いのですが予定外…。こんなものでしょう。

みそはぎの花が綺麗にいくつも咲きました。
image-20130812073617.png



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。