So-net無料ブログ作成
検索選択
家庭内外行事 ブログトップ

南池袋 RACINESランチ と街並 [家庭内外行事]

GWはランチや飲み。今日は池袋で会いたいからセッティング宜しくとの依頼で満を持してのパン屋だけどレストランの『ラシーヌ』へ。

さすがパン屋さん、サラダより先にパンと徳島人参スープが出てきました!パンははちみつとバターたっぷりでふわふわをちぎります。香りもフワ?? 酸味の強いパンはレバーペースト付き。 無農薬野菜のサラダは身体に染み渡るよう。大葉と玉ねぎ入りのクリーミーなドレッシングが病みつきに。友人達が帰りに買い求めてたくらい。牛ステーキも久々です。またまたパンが…ざるで出てきました。食べきれなかったら、持ち帰りオッケー!ココア成分たっぷりムースに贅沢ベリージャムのコントラストが嬉しい??

image-20160511060416.png




久々コースで贅沢したのでアップしちゃいます。


南池袋はピカピカビルの横に、もじゃもじゃビル♡もじゃもじゃが隣のビルに映っていてまたステキ。私の今後の『見所』になりました。

image-20160504100451.png

一等地の平屋もステキ!



image-20160504100722.png


上田城の石垣、草津、鬼押出、角間 [家庭内外行事]

image-20160403031954.png
『真田丸』で沸き立つ上田の地で観光のつもりがあれれ?石垣の緑色凝灰岩(グリーンタフ)の色合いをみたら興味が石に…。ちなみに上杉側、南側の尼が淵の石垣は凝灰岩と流紋岩。土壌は柔らかく掘りやすい泥流層なんだとか。

image-20160403032147.png

実家にも山から拾ったという水晶やら変成岩、黒曜石はじめ流紋岩がゴーロゴロ。しかも父は解説しながら、やおら「観察するなら濡らさないと」とタワシで天龍村で拾ったという赤石をゴシゴシ。く、詳しい…。

image-20160403032302.png

黒曜石(流紋岩)、水晶、片麻岩。

おおじい様が向山から担ぎ降ろしてきたという変成岩には僅かですが水晶が。

image-20160403032410.png

image-20160403032521.png

きれいだわ。

伯父様が小諸で拾ったという大きな溶岩も無造作に…

image-20160403032635.png

畑の石垣にも真っ白な石英が配されていたり庭石は花崗岩。
image-20160403032753.png

image-20160403032851.png

ほんと火山国なのね。



向かいの水車小屋の近くで砂岩や礫岩チャートも拾いました。

image-20160403032947.png

翌日は草津温泉。湯畑は温泉藻のコゴメで緑色。硫黄の臭いに慣れたところで、さいの河原の鬼の世界へ。足湯で殺菌。
image-20160403033125.png

image-20160403033237.png

折角ここまで来たからには鬼押出しも!いちめん溶岩で別世界。なだらかな浅間山がこんなゴツゴツした溶岩を噴き出したんですね。何もかも焼き尽くす厳しい自然の過酷さに圧倒されながら、ちょっとだけサンプルを頂きました。
image-20160403033412.png

地元では物語上で真田幸村と佐助の謁見の舞台となった《角間渓谷》へ。
image-20160403033554.png

一歩踏み入れると、角間山が噴火した時の安山岩がおおきな岩状になっていて、これまた日常とは別世界。妹のガイドのもと幽玄な鬼の世界の三段ぶみを味わいました。 有難う♡

image-20160403033647.png

image-20160403033747.png

image-20160403033837.png

あぁ、iPhoneの写真では伝わらない。一眼レフで撮ったものは別の機会で。

ちょっと降ると真田の里を一望できる真田本城跡。真田丸のロケ地にもなりました。


image-20160403033922.png


山が幾重にも望めます。

image-20160403034013.png

お土産は…重くてずっしり。

石なので.......( ´∀` )


追記!
実家の幸シリーズもお土産♡
お赤飯、野沢菜の煮付け、杏ジャム全て母の手作り
父からは菜花、蕗のとう(冬菜は食べ尽くしました)
妹からは蕎麦羊羹、お焼き、大福
朝から蟹に10品目入りのお味噌汁その他全部がおごっそうでした♡




image-20160405061446.png

賀頌!〜元旦はおせちとともに [家庭内外行事]

賀頌  
image-20160101200851.png

食材の深みを教えてくれた歳神様に感謝しながら。今年は彩りを意識して飾り盛りをしてみました。

image-20160101195941.png

お歳暮のみかん箱に入れてもらった大きなすだちを『なます』のカップにして松の葉を添えてみました。うん、いいかも。

image-20160101200134.png

近所のsantokuスーパーに入っている花屋さんが千両だけ枝売りしてくれていたので購入!ついでに松の葉ももらっちゃったのです。オレンジと白にチラッと緑。活きた活きた!

漆器を傷めないよう昆布をひいて白いカップを乗せて、そこに『黒豆』を入れてこぼれていた千両一粒を入れてみる。ハッと目を惹く鉢になりました。

加えて芽がでるように『くわい』。初めてなので冒険してみました。可愛いけどエグみがあって、不評でしたが縁起物だから食べますよ。

image-20160101200037.png

千両の葉に『田作り』をのせて、『紅白かまぼこ』を青紫蘇と筋子をトッピング。『栗きんとん』は?今年は断念。金銭面は謙虚に行きます。
『数の子』は水産庁長官賞受賞だという『華いとよりだい』にまぶしてあるもので代行。『昆布巻』『かまぼこ』等は作ってませんよー。『黒豆』『煮物』は圧力鍋。蒟蒻はちぎっちゃったので気をつけなきゃね…。『伊達巻』はオーブントースターで焼いてみました。
image-20160101200751.png 『チキンロール』と『田作り』はフライパンで。『海老』はグリル。 で、盛り付けは重箱一つ。ひとつだから市松やら法則があることは薄々意識しながらも、この際無いことにして感覚であしらいました。明治以降の文化ですものね。なんて言い訳。法則重視の方は見逃して下さいね。 image-20160101200319.png お雑煮も出汁からとってみました。昆布を1時間1リットルの軟水に浸けてから昆布を取り出して、沸騰させる。びっくり水を入れてから鰹節を一掴み投入して2分くらい煮出して漉す。更に、鶏肉、椎茸、人参、三つ葉と香りも出汁も贅沢なコラボ。 昨年は命をいただくことの大切さに改めて気がつかされる出来事が多々。山の幸、海の幸 しっかり味わえて口福に感謝です。 皆様にとって恵み大き一年でありますようにお祈り申し上げます(*^_−−☆*).。.:*♡ ******* ☆美味しいレシピをありがとうございました! 黒豆 http://cookpad.com/recipe/314461 伊達巻http://touch.allabout.co.jp/gm/gc/187532/ くわい http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1800007921/ チキンロール http://cookpad.com/recipe/2446796 なます http://www.kikkoman.co.jp/homecook/search/recipe.html?numb=00002486

山の幸と近況と [家庭内外行事]

実家からの幸せ宅配便!朝摘みの山の幸がぎゅうぎゅうとてんこ盛り。雑草さえも少ないこの地にあってはなんという幸せでしょうか。
家族で天ぷらパーティとあいなりました(^-^)
茗荷に似たウコギ科のハリギリが新鮮です。
ウドの味が一番濃いので最後の締め。
こごみはマヨしょうゆでシャキシャキと。
美味しいよー(^-^)
image-20150427065242.png


雑草さえも少ないこの地。
23区内に越してきました。

今まで、自然が自然が、田圃に囲まれて、なーんて言ってても程々の自然で、駅へも徒歩10分圏、駐車場も停め放題、買い物も便利で人付き合いも楽しく気楽!という贅沢をしてきました。

一転、スーパー事情には恵まれていますが、自然はないし、知り合いも居ない。とりあえずのとりあえず。事情ありで住む場所には条件付きではないと暮らせない身の上ということで一階限定。とりあえずまた庭があるのでタンポポ達にホッとしているところ。

image-20150427074406.png

以前ブログに掲載した、外来種のながみひなげしはちゃっかり引越し先のこんなところにもしぶとく生息。これは要らないんだけどなぁー。馴染みの植物だけどホッとしない笑
image-20150427075637.png


人生、苦手なことに直面するのはきついですね〜。今までがぬるま湯に浸かっていただけなのかもですが。

引越しの片付け。物との別れ。自然との別れ。
。。。断捨離の苦渋は果てしなくT_T
仕事との別れ。なにより人との別れ。
しょっちゅう会ってたわけでもないのに思いついたタイミングですぐ会えないというだけなのに辛いものです。

日中は仕事、夕方〜夜は友との会食と現実逃避、夜中は片付けという年度末でした。仕事はボーっとして精鋭の欠片もなく、会食中は居眠りして、片付けは進まない、という中途半端ぶりに自分の馬鹿さと限界を感じつつ、こんな自分に付き合って別れを惜しんでくれる友人達の心の広さに自分が恵まれていることを実感しつつ、あえて別れていくことの寂しさに胸を詰まらす日々を過ごしてきました。
人と会うたびに恵まれていると実感して確かな光を感じた直後に、背後にある別れの影に覆われてしまうという感じかしら。その浮き沈みに船酔いしながらの引越しという捨てる作業は苦渋を併せ持つ行のようでした。
大袈裟ですみません。

とはいえ、捨てたとたんに新しい情報が入ってきたり、捨てる梱包をしたとたんにもらってくれる話がきたり、引越しの当日も不思議と人が被らないように時間をずらしてお手伝いにきてくれたり、引越しの小分けにしてもほぼ全てをうまくまわしてもらって別れを惜しめていて。。。もう別れは決められたことだったのだと感じざるを得ないのでした。
世の中、ほんとに不思議です。

それでも弱っているらしくて今でも泣きそう。
弱いです。
そこに実家からのてんこ盛りな愛。
もちろん泣きました。

新しい出会いは確かにあって、それも恵まれていて。昨日の派遣ひとつにしても人が足りないところが遠い…けど思い切って募集したらそこはダメ…なのにキャンセルが出て一番近いところに配属出来たり、そんなことを始めとして全てがうまくまわっている。それらのことに感謝はしつつ〜も、実は苦手なことをしているので泣きそうなんです^^; 甘えているのは承知です。生きていく為には苦手なこともどんどんしないとね…新しい人との出会いと自然と便利は手に入らない。まだ選べるなんて贅沢過ぎです。喝を入れつつ新しい地で頑張らないと!


なんて書きつつ用事ができたので戻ってしまい…。ヨモギGET。ベーグルを作ってみました。

image-20150427080105.png

野草味たっぷり。美味しいです(^-^)
まだまだ未練もたっぷりです。


遅刻、遅刻^^; [家庭内外行事]

久々の書き込みがこんな阿呆話。
自分の中で整理が付かず悶々としていたことがあり、ブログに手が付かなかったのが正直なところですが、やっとこだわりから抜け出て緩んできたところで、やっちゃいました。では、阿呆話。


職場の愛すべき友人しずりんさんの壁時計が一時間遅れているのに夜中に気がついてびっくり!という土曜のつぶやきに、集合時間に遅れなくてよかったね。なんてなかば上からレスつけていましたが…。これが伏線?
最近、仕事の開始時間がばらばらなせいか、月曜の今朝は頭の中で一時間遅く組立ていて遅刻。いつも駐車場で待ち合わせてお喋りしながら仕事場に向かうのが通例なので、しずりんさんの「なかなか来ないから先に職員スペースに上がってるね。」という連絡で気がつきました。汗。え???しずりんさんに電話して「私、今、家に居るんだけど…」。しずりんさん「はぁ、わかりました。気をつけて来てくださいね。」と具合が悪いんじゃないかと心配そうな声。

私は頭の具合が悪い?睡眠不足による鬱?認知症?じゃないかと向かう車の中で反芻。朝は三時間睡眠のまま寝られなかったので家事の合間にSNSにのんきに書き込んだり返信していたり年末調整で積立普通傷害の控除が無くなったことを電話で確認して^^;介護保険の控除対象になるものはどこ?とネット検索し始めたり、あげくはまだ時間が早いから自転車で行こうかしらまで考えていて時間の流れがおかしい様子。

結局15分遅刻でこっそり入り込んで仕事をするも、ふわふわしてコミット出来ない月曜。「怒られても君たちは寝て忘れー、歌って忘れー、休んで忘れー」という某女史の言葉が他人事ではなく上滑りなつるつるな状態でしたがなんとか仕事を終えました。しずりんさんと蜂の巣のEちゃんに心配されて笑われながら。Eちゃんの学芸会感動の話の合間にこんな阿呆な話が入ってごめんと謝りながら。…楽しい職場。ぬるま湯な既得権益です。はい。辞めちゃうのは惜しい。

しかし、この緩みはなんだろう。
「姉さんだけ時間尺が先走っているから上手く話が進んで行かないんだよ。」という不思議な言葉をもらっているので、その揺れ戻しなのかしら?確かに再三に渡り約束が整わない話があって妙に納得させられている。連動するかのように睡眠の周期が乱れ放題。頭に血が上る。しかし、今朝のこの緩みはなんだろう。相変わらず睡眠時間はおかしいけれど、一昨日からDVDで自力整体で身体をゆるめているのも関係するんだろうか?

睡眠の周期は振り子のように、その人自身の時を刻む働きに関係するのかもしれないな、とふと思ってみたりした。

明日は平日休みなので、友だちと秋川渓谷にドライブ。少し離れると行きにくくなるかもしれないので今のうちに遊びます。運転に備えてしっかり寝ないと!

【今日の買物】フェイジョア100円
image-20141117215828.png

あきたにしました 春の巻 [家庭内外行事]

GWの一ヶ月前に思い立ち、GWに再び大曲に行くことに決めました!前回、参加できなかったメンバーが参加できる[ムード] ことと、展示されていた角館のポスターの影響です。紅葉と武家屋敷、しだれ桜と武家屋敷、新緑と武家屋敷のポスターがあって、そのうち、GWならば、桜と武家屋敷が観ることができるじゃないですか!と前回同様、大曲→田沢湖→乳頭温泉郷(宿泊)→角館→大曲コースを念頭に予約開始。
んんん?
のんびり乳頭温泉郷に宿泊して、しかも家人の為にバリアフリーで、なんて考えていたら甘い甘い。バリアフリーなんてとんでもない。観光地のホテルはどこも満室でした…。
うーむ。連れは温泉に執着ない人たち(残念ながら~_~;)だから、大曲早朝スタート→角館→乳頭温泉→田沢湖に変更して、大曲のホテルを予約するコースでいいや、と言ってもこちらもすんなりとは行かず禁煙の部屋はシングルしかなかったりの制約が。やっぱりGWです。
ホテルがなんとかなって、次はレンタカー。駅レンタカーは順調予約。そして、4/7に[こまち]予約。5/3の午前中は既に埋まっていて、午後2時台発に。5/5の帰りは午後3時台発。
予約完了?!

で、行って来ました。
3時間の電車はまったり。前回、車窓から見えた田圃は黄金期でしたが、今回は一面茶色。季節を感じます。

image-20140508222926.png
大曲駅に到着したら、駅近くの居酒屋『三平』へ。18:00からの予約。予約でもカウンターという混み具合。楽しみです。

おきめばる くろそい みずだこ いやもう新鮮
image-20140508223028.png

塩辛ピザ 塩辛の量が計算されてる!
image-20140508223100.png

煙たそうな顔をしたお兄さんが焼き鳥を焼いてくれました。でも、サーブしてくれるときは「めっちゃ笑顔」と連れがニヤニヤ(笑)
image-20140508223341.png

羽根つき餃子はパリパリ、ジュッ!
image-20140508223408.png

だし巻きはほんわか本格ふわふわ
image-20140508223700.png

満喫できました。しあわせ[ムード][ムード]

翌朝8:30、レンタカーを借りて大曲駅出発。まずは、混むであろう角館へと出発し、家人のための車椅子は前回同様、公営の桜通り駐車場で調達すればいいや、と予定したのですが甘い甘い。まず、角館に到着したのに駐車場がよくわからない。あれ?混んでいてどこがどこやら。有料駐車場で盛んに呼び込みしているということは公営駐車場がない?桜まつり期間は大型車のみ?川を越えたり戻ったり、ぐるぐるぐるぐる。駐車場脇の詰所でたどり着こうと思っても一方通行で入れない。そんなぁ…。片側からたどり着ける自信ないわ。観光協会に電話すると、駅の観光センターをご案内頂いたので行ったのですが…車椅子は出払っていたので、あるという場所を問い合わせて頂いて、地図にマークしてもらいました。ありがとうございます!
それって『たてつ』?たてつに駐車して聞いたら、その先の観光課では?とのこと。駐車したまま、歩いて車椅子を取りに行って調達。ありがとうございます!たてつの方には道道でも声かけして頂いたり、ほんとに秋田の皆さんは温かくて感謝感涙でした。

無事、車椅子も確保できて、みそたんぽで腹ごなししながら散策。目当てのしだれ桜は散ったところでした。惜しい!
と思いきや、たてつ横の田口家庭園に入ったら、満開の桜。山吹の黄と紅葉の赤と屋敷の黒のコントラストが美しい。
image-20140509001016.png

image-20140509001049.png

そして、武家屋敷通りももちろん、桜がなくても古い樹木の重厚感と新緑の鮮やかさと、武家屋敷の風格が素晴らしい。やっぱりいいですね。桜はまた、チャンスを狙えということですね^o^
image-20140509063631.png

image-20140509063643.png

12時に乳頭温泉郷に向かうことに。角館から一時間くらいかしら。車は田沢湖まで前も後ろもいる状態。田沢湖から乳頭温泉郷まではいたりいなかったり。こちらの道すがらはソメイヨシノが満開で美しい!ところが助手席の連れがそのタイミングで酔ってしまっただとかヒマだとかでグースカ寝ていて写真はとれず終いでした~_~;シラカバと桜と雪と絶妙な色合いの風景も美しかったなぁ。

そして、秘湯、鶴の湯までの長い山道を泥の水たまりをはねつつ、ぶな林の足元に残る雪の多さに目を見張りつつ走行。水芭蕉が群生しているスポットも道中に。可憐だなぁ。13:30

image-20140509052727.png

image-20140509001241.png

到着。今回は入浴できました。
ただ、脱衣所が混んでましたGW。木枠で出来た2畳ほどの浴槽と建物の風情を味わいながら、身体にお湯をばっちゃんと一心にかけているおばさまから水滴がかかってきます。あらら。
黒湯だけ入りました。白湯と女性露天風呂もやめて、中湯は混んでいる混浴露天風呂を通過する勇気なく(笑)またの機会にね。
そして、空腹で鶴の湯別館まで行きましたが、14:00でランチ終了ありつけず。そこまで温泉に興味のない連れどもに遠慮しつつ?蟹場温泉でひとっ風呂。奥の湯が熱くてクラリ。露天風呂の開放感にゆったり。
とのんびりしていたら、連れにお腹が減って力がでない宣言をされて、ご飯どころ探しにシフトしました。
だいぶ田沢湖に近くなったところでカフェ『ぶなの森 FUU』のみつけましたが、荷物を出そうとしたら温泉セットがない…。一生懸命思い出したら、写真を撮る時にベンチに置いたんでした。慌てて戻ったらちゃんとありました。
山道慣れましたね。気を取り直して、窓側の席でぶな林を見ながら遅いランチ。15:30

クリームスープのモーモーパスタ】色合いもステキ、優しい味わいが空腹に染み入ります。
image-20140509001411.png
【春の山菜ピザ】 野草味が新鮮です。
【田沢湖地ビール】桜酵母使用の限定品。桜風味ですって!

田沢湖周遊ドライブ16:30
頭痛だとかで寝ている連れ…。私も痛いのですよと途中で運転交代。太陽の加減で湖面が眩しくて湖は前回ほどはっきり見えません。惜しい。お気に入りのお土産物屋さんでこごみ1パック150円!安い。

干し餅が可愛い。そのまま落雁を想定して食べたら人間の食べる味ではなく…。砂糖水に漬けてレンジでチンして食べましょうね。この食べ方なら美味しいです^o^
image-20140509001532.png

image-20140509053055.png


秋田もろこし 職場で小分けして配るのに都合がいいし紅葉の形が可愛くて大好評でしたが、画像なし笑
image-20140509001614.png

湖面の碧さと水深の深さを見届けました。美しい。魚の餌を撒いたのですが、今回、魚影はみれず残念。戦争による愚策で絶滅してしまったクニマスの復活を悲願して田沢湖を後に。
天災のように受け止めているような自然。戦争の愚って怒りの矛先が無いように工夫されているのかしら。なんて考えながら。
image-20140509001720.png

image-20140509063730.png

あとは大曲に戻るだけとぼんやりしていたら、46号線を直進して角館で新設のバイパスにのってしまい…秋田市に行ってはいけないのですよ。4.6km後戻りして角館市内から大曲へ。
ふぅー

気を取り直して向かう先は大曲の割烹『つくし』
image-20140509001834.png
image-20140509001908.png

お、美味しい!濃いぃ[梅ちゅうハイ]からフワフワの[河豚唐揚げ]から大きな[ツブ貝]の柔らかい味わい、[かわ蟹味噌]の味付けの絶妙さ、最高です。オススメありがとう。

海の幸よ。美味しいものが食べ続けられますように!と願う美味しんぼでした。

あぁ、美味しい秋田。行ってよかったわ。
また行こうっと。

巨峰とその皮の話 [家庭内外行事]

image-20131019090142.png

実家から届いた巨峰!今年は甘くて最高です。ポタリと落ちる果汁さえも惜しいと思うくらいです。人間に甘味を分け与えるためにその生が有るのならなんて充足しているのでしょう。皮を触っただけで果汁がはちきれるように思えて一粒一粒が愛おしい…。

ところで、家人は皮が大好き。やっと実も食べられるようになったと言います。我儘を言わない大人になりました。お弁当にも身を絞りだして皮だけ入れると喜びます。私は未だに慣れずにこれでいいのか?気を使ってるんじゃないのかと思って、たまに皮付きの実をお弁当に入れるのですが、実のまま入っているとガッカリするそうです。私が実を食べたあと、皮だけ取って置いて渡すと「取っておいてくれたんだぁ。ありがとう[ぴかぴか(新しい)]」と喜びます。マジです。

ある日、私は皮を剥いた巨峰が目の前に並んでいるというお嬢様のような食卓を思い描くだけで嬉しくなって「私がいない時は皮だけ食べておいていいからね。」と言いました。お嬢様に使える給仕のように準備させるなんて失礼かしらと思いつつ言ったのですが、返事は「え?本当にいいの????[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]」と思いもかけず弾んだ声で喜びに満ちたもの。彼女にとって、実だけ残すことは失礼なことと認識されていたようです!
言ってみるものですねぇ[ぴかぴか(新しい)]

この世の生物は棲み分けが出来ていて、例えばパンダは誰も食べない笹を、コアラは毒性のあるユーカリを食糧として選んで無用な争いを避け、種として生きながらえています。反して人間はグローバルで統一された価値観が奪い合いを産んでいるように思っています。

だからこそ、巨峰が届くと、誰が無理するわけでもなく無駄がない我が家の状態に生物の棲み分けのこの上もない理想のカタチを見出して、私はすこぶる満足です。

しかし、まだ私の目の前に皮を剥いた巨峰の実が並んだことはなく…その贅沢はお預けのままです。
たぶん、面倒くさいだけでなく、彼女にとって、ものだけでなく[好みのものが差し出されること自体]に意味があるのでしょう。そうそう、この世の恵まれているはずの人々の欲求にそんなところもあるのではないかと推測をしてみたりします。

そして、私もお嬢様気分を味わいたい…。今でも脳裏に、皮が剥かれて表面に甘い果汁をジュルジュルとほとばしらせた巨峰の実の並ぶ姿がちらちらと…

欲は全く果てず、人間は複雑です。

image-20131019090459.png

春しか作れないもの。 [家庭内外行事]

三月はふきのとうで天ぷらと蕗味噌!
image-20130421203255.png
ちょうど良い時期に実家に行かないと。
やっぱり長野のふきのとうが一番です。

四月は夏みかんでピール作り。
image-20130421203418.png
パール柑と文旦でも作ってみました。パール柑は皮もすっきり上品かもしれません。

今年はわたと表皮で分けて煮てみました。

image-20130421210442.png

友だちがイチゴのジャムを作って、物々交換。
こちらも美味しくて幸せ。幸福ではなくて口福の方。
お金のやりとりよりもずっと豊かだと、しみじみ思えます。

image-20130421204336.png
クッキーにいれるには表皮のインパクトが必要ですが、おつまみにはわたを砂糖で湯がくだけのもので十分だと思ってます。色んなレシピをみると、どちらかを捨てていたりするので、勿体無い!砂糖は色が悪くなりますが三温糖の方が上品な味わいになるようです。

image-20130421204446.png
さくさく薄焼きクッキーは頂いた茨城のピーナッツを砕いて入れてみました。ココナッツのトッピングは余分かな。

image-20130421204721.png
冷凍のお惣菜もストック。
時間と集中力のあるときに作らないと。
あぁ、これは春しか作れないのではなくて、いつも作らないといけないものでしたσ^_^;

おいべつさまと神棚 [家庭内外行事]

松の内に
image-20130106235414.png
今年は巳年
長いものに巻かれるのもありかもですが、長尺の視点を持ち続けたいものです。

お正月は実家で神棚に手を合わせて来ました。

image-20130106235611.png
右側には神様。注連飾りの白さと蛇の象徴とも言われる縄の捻れが凛とした威厳を持って、結界であることを主張しています。灯明は灯油のランプ。何年ものでしょうか。
母によると鏡餅は農協で作ってもらったもの。市販品より遥かに大きくお得だったそうですが、丸々し過ぎてみかんが乗りません。

左手には大黒様。おいべつ様(恵比寿様)。
福の神様たち。福とは何ぞや。他国の期待に応える為の繁盛ばかりではなく、確かな幸せをお願いしておきました。

そうそう、恵比寿様は維新後、神道を基調とした国学によって軽んじられてしまったのだとか。神社では神体の名目から外されたり。維新後のそれって小栗旬※が、あ、違った、吉田松陰などが日本の統一の為に教育として推し進めたんだっけ。社会学者の小室直樹さんが日本教講義で話してたことね。三つ前の日記の話。

右端には魚の頭、左端には魚の尻尾を箸に刺して供えます。頭と尻尾を離すのは大物だという証です(笑)
大晦日の晩は鰤に酒粕をかけたのを食べていました。海のない長野で出世魚を食べるという[ハレ]の日の幸せを、神様に報告しながら噛み締めたのですね。写真は鮭だけど。
image-20130107001335.png

達磨も縁起棚で強烈な存在感を放っています。赤と白と黒。あるアフリカ民族ではこの配色で世界の全ての精神と物質が語られるとか?強烈なはずです。
そして、大きさは貯金の額で決まります。


神と人の俗と混然としながらの秩序。一貫した日本人の宗教観。
自然が主だった恐怖という文化圏だからこそ八百万の神は人の生活に密着していて、神の世界はすぐ裏手にあるのですよね。

それでも収まらない不安は奉るか、叩くか、見なかったことにするか、俗化して内包するか。芸術として昇華するか。不安との向き合い方はこのところの課題だな。

丁度いい不安との距離感の取り方を神仏は教えてくれやしまいかな。
他力本願だけど、まずは願おう。

ラストはこれ。農協でくれる貯金箱です。
これは神棚には飾りませんけど。
私達の俗化するチカラもとめどない(*^^*)
image-20130107002944.png

家庭内外行事 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。