So-net無料ブログ作成
検索選択

Juana morina live @晴れ豆〜代官山】 [music]


3/21 アルゼンチン音響派。新しい課題続きでともすれば雑音だらけになる頭の中だけど、彼女はあっという間に音楽の世界に連れていってくれる魔法をもっているみたい♬ 畳のスタンディング会場、二列目かぶりつき。彼女の表情やペダル使いまで、じっくり観させてもらいました。
音の魅力は、短いフレーズをペダルで録音して次々と重ねてループしていくから、あれよあれよという間に音が多層的な厚みをもって身体に回り込んでくる感じ。加えて高音を自在に操る力強いボーカルとへんてこりんなメロディ。存分に浸らせてもらいました!生ドラムの力強さや3人の連携も見ものなのよね。コケティッシュな書初にほのぼのしたり、ツーショット付きのサイン会にニタニタ。新曲二曲も美メロで馴染めて新譜への期待アップ。やっぱり音楽はいいですぅ♬

それからファナの前座、ASA CHANG&巡礼の『告白』(押見修造がモチーフ)がこれまたザ・アンダーグラウンド。たどたどと拙い声をブツブツと千切っては繰り返すことで痛々しい心の内側を表現しているものだから、涙が出そうに。求心力のある楽曲でした!音楽も知らないジャンルがいっぱいだ。
image-20160402235803.png



image-20160402235854.png

【SMAPと小林幸子と共同体】と【真田丸】 [雑感]

ゲーム理論の経済学者・松井彰彦さんの【SMAPと小林幸子と共同体】なるエントリーは面白い!

一連の騒動を共同体と市場のせめぎ合いとして展開。吉本のように末端の芸能人を支える事務所体制をはじめとした【共同体】社会は独立を許さない。責める誰をも縛り付け、助け合い、せめぎ合いは緩い。SMAPの解散に反対したのは共同体に属する人々で、ネットでは共同体に属さない人々なので独立を擁護したのだという。

西欧は【契約→市場】社会。過酷な競争に勝ち抜いた成功者だけが食べていけてセレブになれる、という構造を持つ。

善悪ではなくてシステムの一長一短。
意見や倫理はどのシステムに属するかで決まるのね。

弱いものを定常的に守るのはどちらか?
【共同体】システム。法ではなく情が守る。

そして、より良いものを作り出す共同体は?それはもちろん【市場】システム。
弱者は権利契約で法として保護される。

(自己解釈: 人間として与えられた能力を高めることをミッションとしたキリスト教がベースのシステムだからより良いものを産み出すシステムになるのは当然。それを望む意思が人間を創り上げたのだから、それを果たすのは当然という理由による。ただ、表裏一体の欲がそれを阻むという宗教での制止が、一定の社会や市場では働かなくなって優位主義の曲解を生んだり無軌道に新自由主義を生み出しているのが現実なんだろう。

・場にいる者を平等に守りあげる為に、序列を必要とし排除を産む共同体システム
・能力を高める為に、契約権利を死守し格差を産む市場システム

まさにユング心理学における、
・包み生かし、包み殺す母性性と
・高めて生かし、斬り刻む父性性
の創る二律背反的な社会の特徴が絵に描いたように創り上げられている。)

そして、松井さんによる小林幸子の紅白出場のとらえが秀逸!
一旦【共同体】から外され干されたのだが、そこに属さないネット社会が、小林幸子をラスボスとして持ち上げていき、紅白という【共同体】の場に押し上げたのだという。おぉ、面白い。

なるほど。こういった構造の流動は見逃しちゃダメですね。 松井彰彦氏に感謝!


そして、【真田丸】では、生きていく為には主人を変えてなんぼ!の戦国時代が如実に描かれ、今の【共同体】システムは日本の伝統などではないことをはっきりと示す。戦国時代末から徐々に、一旦外されたらどこでも採用がなくなるシステムが作られたとNHK歴史ヒストリエ。そして【共同体】システムは江戸で完成され、弱者全体を守り、生かさず殺さず、序列を必要とし被差別部落を産んだ。

丸山議員のオバマ大統領=奴隷発言から見られるように、キリスト教的な、所属に関わらず人間の権利を守るという契約システムに属する弁護士であっても、日本の平等をベースとした共同体システムが必要とする“序列”の呪縛から逃れられておらず、欧米が身分差別があるからこそ築いてきた“公共”を履き違えてしまっている、今の日本の社会構造のベースが見てとれる。

そのズレを指摘できるだけの視点を私たちは持てている。日本の社会構造の変遷が何を産み出すのか。これからも注意深く見ていきたい。


http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ2D5S68J2DUPQJ00C.html
※空気読めよ〜日本人の宗教観とは


司馬遼太郎の遺言 [雑感]

誇るべき武士の精神は明治を形作ったが、翻って昭和では、個々に宿る公に投じる精神が「反論すると面倒、公の利に外れそうだ」と判断するや黙りこむことにつながって、軍部に権利を与え、日本を焼け野原にした。

熱狂することは、恐ろしいことだと思う。

司馬遼太郎にそう言わしめたあの時代を、再現するのは人々の記憶のチカラと考えるチカラが無くなった時なのだろう。

ヒトラーは「真の標的を逸らし、敵を作り反復すれば人々は容易に熱狂し戦争は作れる、私を何故止めなかったのだ?」という旨を話したという。反知性に流れこんで、前時代に戻ろうとすることを望むのは、それぞれの民族にとってどういうチカラなのか。それを押し留めるものはどういったチカラなのか。

ルーツを知るのは本能。日本人論をひとつのライフワークとおいて、もう一度読み解いてみても良いと思った。


そして、そう思わせてくれたNHKに対して感謝したい。

気のせいなのかもだけど…1月に口座振替の手続きをしたのに受信料の請求が来たので「トップが活躍する映像が反復されるのは不快なのでなんとかしてください。」とメッセージを入れ込んだ。その時から流れが変わった気がしている。アクションしても無駄ではない実感がなんとなく得られた。微々たることなんだろうが、こういうひとつひとつが流れを変えることは間違いないんだろう。

没後20年。一瞬でも、司馬遼太郎の遺言に応えられていた気がする。



【NHKのHPより】

作家・司馬遼太郎の作品『この国のかたち』を読み解きながら、“日本人とは何か”に迫るシリーズ。第2集のテーマは、“武士”。司馬が注目した鎌倉時代の武士。

私欲を恥とし、 他者に尽くす“名こそ惜しけれ”

の精神は、武家政権の拡大とともに全国に浸透、明治国家という奇跡を生み出す原動力になった。それは昭和の世に何をもたらしたのか?俳優の香川照之さんがナビゲーターとなり、武士が生んだ日本人の「かたち」をたどる。

http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586728/index.html
2/18深夜午前1時再放送
image-20160216063818.png

板橋区立熱帯植物園 [自然]

板橋区立熱帯植物園に初詣した時の覚書。区立で環境保全事業をされている心意気、しかと感じてきました。

ミニ水族館ではちょうど餌やり、飼育員さんの解説を聞きながら観れるというスペシャルタイムに。さかな君のかぶりもので有名なハコフグ君、ちっちゃなエビに大喜びた赤虫に牽制しながら水をかけるテッポウウオにと飽きません。
植物ともに東南アジアの生態系が観察できる工夫が凝らされています。愛着が湧いたところで、もし熱帯雨林がなかったら?という問いも。ちょこっと熱帯に行って気持ちもホカホカでした。
image-20160206130411.png

エコポリスセンターにも荒川の上流から下流の魚の展示にうなぎさん。産卵地を発見された教授の講演もあったのねー。養殖でおっとりしていますが一年でこんなに大きくなったんです、とスタッフさんも愛情たっぷり。あゝ、画像が見つからない。また見に行こうっと。


『水 神秘のかたち』サントリー [art]

image-20160206123037.png
【美術館】サントリー美術館の企画展『水ー神秘のかたち』鑑賞。さすが、水の美味しさでは信頼しているサントリー!
国宝に重要文化財に目白押し!弁財天に龍に蛇、蓬莱信仰に仏教の若水に神道の禊、古代の銅鐸に配された波模様、水にまつわるものってこんなにたくさんあるのね〜。それから、水が入った絵と言えば大好物の茶と青(または群青)その色合いの世界に入れました。正直、チラシも地味だし期待薄でしたがなんのその。混み具合もそこそこで若い白人さんがスケッチする光景も。いいですね!
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2015_6/display.html

image-20160206123019.png
↑20/20組の確率で当選したチケット

その後はやっぱりパン(笑)石窯・天然酵母のこだわりパン屋で一点一点のポップにもこだわりの語りがぎっちり。中身もぎっちり。食べるとアゴが…でも美味しい。L'Atelier du pain (ラトリエ・デュ・パン)食べた場所は新国立美術館前。黒川紀章氏設計でそびえ立つ建物、初めてみましたがなかなかの壮観ですね。

image-20160206124922.png



帰り道はふらっと富士フイルム会館の無料写真展。行ったら写真家が展示の写真について説明中。聞いている集団は写真同好会の方々らしく質問も本格的。どんな用紙を使ってるんですか?そこ?いやでも、勉強になりました〜(笑) 風景が良くても電車がいないといけない写真もすごい!タイミングを狙うための熱さが伝わってきます。
たまには美術関係もいいなぁ。

image-20160206124413.png


image-20160206125248.png

賀頌!〜元旦はおせちとともに [家庭内外行事]

賀頌  
image-20160101200851.png

食材の深みを教えてくれた歳神様に感謝しながら。今年は彩りを意識して飾り盛りをしてみました。

image-20160101195941.png

お歳暮のみかん箱に入れてもらった大きなすだちを『なます』のカップにして松の葉を添えてみました。うん、いいかも。

image-20160101200134.png

近所のsantokuスーパーに入っている花屋さんが千両だけ枝売りしてくれていたので購入!ついでに松の葉ももらっちゃったのです。オレンジと白にチラッと緑。活きた活きた!

漆器を傷めないよう昆布をひいて白いカップを乗せて、そこに『黒豆』を入れてこぼれていた千両一粒を入れてみる。ハッと目を惹く鉢になりました。

加えて芽がでるように『くわい』。初めてなので冒険してみました。可愛いけどエグみがあって、不評でしたが縁起物だから食べますよ。

image-20160101200037.png

千両の葉に『田作り』をのせて、『紅白かまぼこ』を青紫蘇と筋子をトッピング。『栗きんとん』は?今年は断念。金銭面は謙虚に行きます。
『数の子』は水産庁長官賞受賞だという『華いとよりだい』にまぶしてあるもので代行。『昆布巻』『かまぼこ』等は作ってませんよー。『黒豆』『煮物』は圧力鍋。蒟蒻はちぎっちゃったので気をつけなきゃね…。『伊達巻』はオーブントースターで焼いてみました。
image-20160101200751.png 『チキンロール』と『田作り』はフライパンで。『海老』はグリル。 で、盛り付けは重箱一つ。ひとつだから市松やら法則があることは薄々意識しながらも、この際無いことにして感覚であしらいました。明治以降の文化ですものね。なんて言い訳。法則重視の方は見逃して下さいね。 image-20160101200319.png お雑煮も出汁からとってみました。昆布を1時間1リットルの軟水に浸けてから昆布を取り出して、沸騰させる。びっくり水を入れてから鰹節を一掴み投入して2分くらい煮出して漉す。更に、鶏肉、椎茸、人参、三つ葉と香りも出汁も贅沢なコラボ。 昨年は命をいただくことの大切さに改めて気がつかされる出来事が多々。山の幸、海の幸 しっかり味わえて口福に感謝です。 皆様にとって恵み大き一年でありますようにお祈り申し上げます(*^_−−☆*).。.:*♡ ******* ☆美味しいレシピをありがとうございました! 黒豆 http://cookpad.com/recipe/314461 伊達巻http://touch.allabout.co.jp/gm/gc/187532/ くわい http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1800007921/ チキンロール http://cookpad.com/recipe/2446796 なます http://www.kikkoman.co.jp/homecook/search/recipe.html?numb=00002486

リンゴ祭り

image-20151025234312.png
りんごを送ってもらったのでりんご祭り

実家のある上田はりんごの産地でもあるので、直売所で買ったというりんごを送ってもらいました。しかも種類毎のラベリングという楽しい心遣いにほくほく。並べると色も綺麗でうっとりして時間を忘れます。やばい。苦手なやることがあると横道に逸れたがりますよf^_^; 頭の回路は電流の流れやすい方に、流れやすい方に…それが今はりんご。

image-20151025234442.png

食べ比べ用に少量ずつ楽しめるようにも切ってみました。やっぱり味の濃いものは先に食べちゃダメですね。個体差もあるから種類だけでは味が読めなくて剥くたびに刺激充分!

紅玉も入れてもらっていたので酸味を活かして差し入れ用に2種類のケーキを作ってみました。バターに生クリームに煮たりんごと贅沢材料のレシピと、オイルと牛乳とりんごを切っただけというイタリアの家庭レシピと…そしたらイタリアの簡単レシピ充分でした。なぁんだ。

image-20151025234539.png

薩摩芋の時もケーキを差し入れてもらってレシピを聞いてそう思ったっけ。材料が活きているものが一番!そしてこんな楽しみも材料あってこそ。サンキューでしたー!

《アップルケーキ20㎝型》
卵2個
砂糖150g
オリーブオイル60cc
牛乳200cc
薄力粉200g
ベーキングパウダー8g
リンゴ〔中3つ〕銀杏切り500g
レモン1個(汁はリンゴにかけて、皮はすりおろして。市販のレモン汁だけでも[決定]
[☆]材料を上から混ぜていって180℃50分でじっくり焼く。

image-20151025234705.png

神話を後押しする現実主義 [雑感]

自然災害に溢れる日本。自衛隊を海外に派遣して大丈夫なのだろうか?
絶対数を増やせばよいのか?

復興とオリンピックじゃないけど。名誉がなく利益がないことはやらない、という方向だということがわかりやすい。戦時中、焼夷弾やらガソリンが落とされても自分達で消せなどという[防空法]と称した命令があったけど、今後自然災害もその道筋にしかねないと、政府動向をみて思う。

米国にとって日本の憲法を軍事で書き換えて民主主義に持ち込んだことは唯一の成功体験。その正義の成功体験を繰り返したいが為に、唯一の成功例の国を軍事国の道筋に持ち込んで行く矛盾。民主主義の名を借りて帝国主義に推し進むことが自国で実証されるのに、まだその正義に乗ろうという帝国主義的思考がバカバカしい。

鎌仲ひとみ監督
「原爆投下は正当だった、おかげで最小限の犠牲で済んだ、との見方がアメリカ国内では根強い。原爆を正当化する心理と、戦死した日本兵を英霊と呼ぶ心理はどこか通じたものがあるように思われる。」
日本官僚「共和党政権だったら靖国に参拝しても干渉しないのに。」二つのアメリカのうち、ジャパンハンドラーである共和党の側、今は神話の側に霞ヶ関はあるようだ。
米国のいいなりで敗戦国だということを如実に突きつけられているのに、それによって日本政府内部では終戦で留まり、旧日本軍の正当性が保たれ、神話に埋没できる構造は実に巧妙。暴力をまとう神話の魔法はすごい。 ただ一つはっきりしていることは、どの国も誰かが利益追求をしていく以上、誰かが負荷を負わねばならず、その負荷から目をそらさせ、国家の名目の保つ為には軍事が必要だということ。正義という名目は後からついてくる。 長いものに巻かれることを大人とみなす国民性。それを現実主義とみて、思考停止するか、考え抜くか。
戦後、考えないことをテキストとして推奨、誘導されたからと従わなくていいと思う。 日本軍は、エネルギー補給をする後方支援船を叩かれたのが致命傷になった。敵国の後方支援軍を叩かなかったのは、そんなことをしても昇進せずに恩給が出なかったから。恩給という誘導で結果的に墓穴を掘っていきやしないか。 プラトンではないが、洞窟の中の名誉や賞賛を現実のアイデンティティーや食いぶちとして、現実主義に走ることは、またもや敗戦へのリフレインにしか思えない。 帝国主義は分割して統治するので極論を配して分裂を促し、生活保守をけなしながら、正義という名目はのこのことついてくる。 愚かなものは帝国主義的な分割手法にしかけられた極論に真っ先にのるものだ。右に傾いたら左にふれるバランスと分割は同じだとは思えない。意見の対立を悪いものととらえる国民性。分割に持ち込まない知恵も試される。 もう一度、考える。現実やら、長いものに巻かれることを大人とみなす国民性。弱者を見殺しにしているから共同体の目的をないがしろにして現実主義になる。食いぶちと組織の存続を目的化し、現実主義を言い訳にした思考停止は、弱者を見殺しにする神話を後押しする。その現実主義をどう考えるのかは、ひとりひとり次第なんだろう。

海野つなみ『排気ダクト』 [ヲタ話]

22ページの読後感に朦朧。(ネタバレ)

夏の終わり、うなだれながら高橋は思い出した。中学で空気の読めない転校生、田中を虐めたことを。彼は虐められても飄々と言う。ねぇなんて言ったの?記録しておくから。後から出世したときいくらでも引っ張れるからと上機嫌。

彼はいつしか不気味な空気の読めなさでクラスを支配していた。

そして今、役人になった高橋は、ゆすられることもなかったが息子の状況をメールで知る。それは社会的な抹殺を意味していた。息子はパパに似るんだよね。過去は未来に復讐するんだよ、なんだっけ?ケイゾク?道行く人々の声が全て突き刺さる。
田中の声が蘇る。

「空気なんて読めないにきまってるじゃん」「だって、空気は読むものじゃなくて吸うもんだよ」「生きるためにね」

いきができない。

隣に座った老人が言う。
「今日で急に空気が変わりましたね。」「もう、夏も終わりだ」

排気ダクトという題名にハッとする。

この季節の変わり目のような今日読むリンク。そーっと寒くなった。

このご時世、空気を読むことが生きる為とは限らない。空気は吸うもんだよ。

ということで、季節の変わり目ご自愛下さい。

image-20150826150246.png

 

小室直樹宗教「日本教」①

絶対より相対の国。皆が困るで通る。これは正に教義でこの論法が民意を得易いという悪循環にある。社会学者、小室直樹が同調圧力への弱さや勤勉性にすがる特質を『日本教』の信者だからと定義づけ戦争に突入した理由を明確にしています。
http://youtu.be/svBTxN82pVA


Summersonic hostessclub allnighter 2015 [music]

image-20150817143526.png

行ってきましたサマソニホステスクラブオールナイター2015 @幕張メッセ。

<<deerhunter>>

13日作戦を練ろうとタイムテーブルを開けて、じゃあ最初はBAIOで・・・って、あれ?そんなはずじゃあ…大阪?突然のキャンセルという展開に目眩。これが決め手だったのに。当日はTシャツ売ってて着ている人には親近感。新譜でごまかされてあげますけどね。

 

<<Baio>>

まさかのDJ。でもかわいい。VWみたいな多国籍色にニマニマ。

 

<<Thom yorke>>

一番はThom yorke !
無機質で難解なはずのCDの音源がLIVEになると極上のダンスミュージックになっていくギャップに身も心も委ねます…!
so much 超満員の前から4~5列目。最前列では3人も立て続けに一本釣り(救助)されていたので推して知るべしのぎゅうぎゅうでしたがそれもこれも一体感。満喫してきました。
image-20150817143749.png
ナイジェルが舞台から撮影してTwitterに投稿した画像です。自分がわかって恥ずかしい~

新曲ではダンスミュージックで染み込んだworldなリズム要素をthomフィルターを通して体感できる心地良さに没入ー。特に『impossible knots 』がいいわぁ。どんな風に踊ろうか。

新譜の tomorrow's modern boxes自体 2009feeling...を極上な原体験として捉えている私にとってこの上もない到達点^o^ http://anyuko.blog.so-net.ne.jp/2011-12-17

エコーのかかるトンネルを低音に追い立てられながらさまよいます。

setlist
1.The Clock
2.Brain In A Bottle
3.Impossible Knots
4.Black Swan
5.Guess Again!
6.Amok
7.Not The News
8.Truth Ray
9.Traffic
10.Twist
11.Pink Section
12.Nose Grows Some
13.Cymbal Rush
14.Default


会場で出会えた音楽仲間^o^に、Thom yorkeの音楽の解説を…というお題を頂いたのですが、自分の好みを中心に言うならば、構造が3層になっていて上部を不安定な音をもって浮遊感で彷徨わせて、下部をバシバシの低音ベースで叩きつけて、中部でとりあえずの人心地をつかせたりしてますねー。リズムは当然ばらばらで。それはJon hopkins のエレクトロもそうだからアンダーグラウンドの潮流なのかもだけど。たまんな〜い^o^

 

<<F.F.S>>

70年代と00年代バンドのコラボになるFFSは音楽を楽しんでいる様子と年齢係ない表現力も素晴らしく、曲も演出もミュージカル仕立にもみえて温かい。「『コラボレーション』って曲はね、どうせうまくいかないよってラッセルから送られてきた曲なんだってー」などと、隣でFFSにはまってた妹が歌詞の解説してくれました。その他、権力をシニカルに歌詞にして笑ったりして伝えてるんですね。社会に対峙できる文化を確認しながら大笑い。『so desu ne』なんて同じ返事を繰り返して富士山登ってキティ印の機関銃を担いで…なんて具合。無邪気な正戦論がまかり通る日本やばし。ここに居られる幸せに感謝感謝で浸ってきました。

 

<<Jon Hopkins>>

coldplay繋がりで聴き込んでいた音でこれこれとニマニマ。

image-20150817144026.png

Jon Hopkins はこれが一押し! 美しいピアノから野生的な展開になだれ込むラストの『vessel』。これはradioheadではお得意の展開なんだけどこういう曲に惹かれます。
いいですよー(^-^)/ LIVEではもっとドラマチックな終焉だったんですけど、音源がないのが残念。

https://youtu.be/uNa1AZpmndA


まだまだサマソニの余韻は続きます。これからも、たくさんの方が上質の音楽に浸れる時間が持てますように。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。